ちくさ病院

〒464-0075
愛知県名古屋市千種区内山2丁目16番16号
代  表 : 052-741-5331

内科・外科・整形外科・脳神経外科・
リハビリテーション科・消化器内科・
呼吸器内科・循環器内科・神経内科・
消化器外科・肛門外科・皮膚科・
泌尿器科
地図をクリックすると詳細地図のページへ移動します

高血圧

日本において、高血圧の方は4300万人いると推定されております。ご自身やご家族で、健診や風邪で病院にかかったときに高血圧と言われた、といったことがよくある、とても身近な病気です。
テレビでもよく「高血圧よくない」という話を聞きますが、具体的に「なぜ高血圧がよくないか」また、「高血圧と言われたらどうしたらいいか」といったことをお伝えしていきます。

高血圧はよくない?

高血圧は多くは健診などで指摘されるように、高血圧が続いていても、日常生活であまり気にならない(症状がない)ことが多いです。しかし、高血圧が続くと、体の中では様々な変化(障害)が起こってきます。

最初に引き起こされる障害は動脈硬化です。高血圧によって動脈硬化が引き起こされると、血管の壁が厚くなり、血流の流れが悪くなり、さらに高血圧がひどくなるという悪循環に陥ってきます。

しかし、動脈硬化や高血圧が進行しても、やはり症状は感じにくいため、さらに障害が進み、さまざまな病気(合併症)につながっていきます。高血圧によって起こる合併症は、心筋梗塞や脳梗塞、脳出血といった命に関わる重大なものが多いため、知らず知らずのうちに命の危険が近づいてくる「サイレント・キラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれています。

もちろん、高血圧があるからといって必ずしもそういった命に関わる病気になるわけではありません。高血圧以外にコレステロールが高いことや、喫煙、糖尿病といった病気も関わってきますが、高血圧が心筋梗塞や脳梗塞の一番の原因とされています。また、複数の原因が重なっていることも多く、高血圧に対してのアプローチを通じて、生活習慣を見直していただければ思います。

高血圧と言われたらどうしたらいいか。

  • そもそも高血圧症と診断される基準は?

        高血圧症の診断基準は年齢や他の病気(基礎疾患)によって変わってきますが、
        下の表のようになります。(日本の高血圧治療ガイドライン JSH2014より)

診察室血圧 家庭血圧
若年、中年、前期高齢者 140/90mmHg以上 135/85 mmHg以上
後期高齢者(75歳以上) 150/90 mmHg以上 125/75 mmHg以上
慢性腎臓病で尿蛋白陽性の方 130/80 mmHg以上 125/75 mmHg以上
慢性腎臓病で尿蛋白陽性の方 130/80 mmHg以上 125/75 mmHg以上
脳血管障害・冠動脈疾患のある方 140/90 mmHg以上 135/85 mmHg以上
*上の血圧(収縮期血圧)あるいは下の血圧(拡張期血圧)のいずれかが表の数字を満たすこと
  • ここで注意してほしいのが、診察室と家庭で測定した血圧の数値では、基準が異なるということです。「血圧が高い」、と言われたことのある多くの方は、「健康診断など診察室で測定した血圧の数値をもとにしていませんか。しかし、経験があると思いますが、診察室などでは(健康であれば訪れることも少ない場所ですので、)緊張して血圧が高めに出てしまったり、低めに出てしまったりなど、正確に評価することには不十分です。そのため、ご自宅に血圧計があれば、そちらの数値を優先して診断していきます。 また、血圧は一日の中でも変動があったり、季節によっても変わってきます。正しい血圧を測定するのであれば、1機会に2回測定しその平均をとること、できれば朝夕の2機会で測ること、5日間以上血圧を測り続けることをお勧めします。

測り続けることで高血圧は自覚可能になる。

健診などで測定する血圧は、スクリーニング(大勢の中から、”疑いのある”人を早く発見する方法)という意味合いが強いです。そのため、健康診断などのスクリーニング検査で血圧が高いことが判明しましたら、自宅での血圧測定をお奨めします。
高血圧はよほどのことがないと自覚症状を感じることはありません。しかし、日々測定を続けることで、血圧の高低を自覚することができます。ご自宅で計測することで、実際は高血圧ではなかったという方もいらっしゃいますし、逆に初めて自宅でも他愛ことが分かったという方もいらっしゃいます。また、季節での血圧の変動や、日内変動(1日の中でも高い時間帯や低い時間帯)の評価もできます。
ただし、運動した直後であれば血圧が高くなったりなど、状況や姿勢でも血圧は変わってきますので、ガイドライン上推奨されている測定方法は以下のようなものです。
  • 測定環境

    ・静かで、暑くもなく、寒くもない温度の環境
    ・原則として背もたれ付きの椅子に脚を組まずに座って、1~2分安静後
    ・測定中は会話をしない
    ・測定前に喫煙、飲酒、カフェインの接種をしない
    ・カフ位置を心臓の高さに維持できる環境

  • 測定に最適な条件

    1. 朝 起床後1時間以内
    排尿後、朝の内服前、朝食前、坐位1~2分安静後
    2. 晩(就寝前)
    坐位1~2分安静後

高血圧の治療は?①自分でできる対策

お薬で血圧を下げる前に、生活習慣を見直すことで、血圧を下げることもできます。各個人で続けやすい方法は異なると思いますが、下記の6つの方法をお奨めします。
  • 減塩(1日3gの減塩で収縮期血圧3~100mmHg低下)

    日本人の平均食塩摂取量は10g前後と言われています。日本のガイドラインでは、食塩を1日6g(ナトリウム2500mg)未満とすることが推奨されていますが、世界的にはWHOが1日5g未満を推奨しています。
    例えばお昼に外食をした場合、ハンバーガーやラーメン、うどん、ピザやパスタなど様々な種類があると思いますが、おおざっぱにいうとそれらは3~7gの塩分が含まれています。外食しただけで1日の(水)少量を超えてしまいます。
    そのため、「減塩が必要、絶対6g以下にしなければ」という目標は現実的には難しく、実際には少しでも減らせれればいいのではないか、また合せて食事のメニューや運動なども組み合わせていければと思います。

    具体的には、
    外食の頻度や加工食品の頻度を減らす
    漬け物控える
    減塩の調味料を使う。天然塩もナトリウム量が精製塩よりも少なくお勧めです
    香辛料や、果物などの酸味を利用する
    などがあります。

  • 食事(DASH食を続けると、収縮期血圧10~15mmHg低下)

    最近注目されているのが、DASH食です
    DASH食とは Dietary Approches to Step Hypertension(高血圧を防ぐ食事療法)の略でアメリカで研究された食事療法です。この食事療法は、カリウムやマグネシウムといった塩分を体の外に出す働きがあるミネラルを多く含む食品を選ぶもので、野菜や果物、低脂肪乳製品、魚介類や大豆製品、海藻を中心に摂取し、コレステロールの多い食品を減らすといったものです。
    このDASH食にさきほどの減塩を組み合わせることで、さらに血圧を下げる効果が期待 されます。また、DASH食は高脂血症、糖尿病、痛風にも効果があります。

  • 運動(毎日30分ほどの有酸素運動で収縮期5~10mmHg低下)

    運動はウォーキングや軽いランニングなどの有酸素運動が効果的です。1日30分を目安に続けていくことが大切ですが、これは続けて30分に限らず、10分ずつにわけて3回でも同様の効果が出るとされています。例えば通勤の際など、少し早足で歩くことを意識したり、近い階であればエレベータなど使わず階段を利用するなど、日常生活に組み込めるかと思います

  • 減量(体重を4~8%減らすと収縮期血圧5~10mmHg低下)

    肥満は高血圧だけでなく、超尿病や脂質代謝異常症、睡眠時無呼吸症候群などのリスクにもなります。特に内臓脂肪が多いほど、高血圧や脂質代謝異常、高血糖が多く、ウエスト周囲の長さも考慮して減量していくことが大切です。

  • 節酒

    飲酒習慣は高血圧の原因になります。アルコールは1回だけであれば数時間血圧が低下するといわれて言ますが、長期に渡ると血圧が上がってきます。また、飲酒の際に「つまみ」や飲食後の「〆のラーメン」など塩分を多くとることにもつながり注意が必要です。 アルコールは男性であればビール中瓶1本、あるいは日本酒1合、あるいはワイン2杯まで、女性はその半分が目安とされています。

  • 禁煙(動脈硬化のリスクを減らす)

    タバコ1本吸うと15分以上血圧が上がるといわれています。禁煙は狭心症や心筋梗塞のリスクを減らしますが、禁煙を開始したすぐにはストレスなどで逆に血圧が上がることもあり、注意が必要です。家族の協力など周りの協力がなければ、なかなか一人では禁煙が難しいのも事実です。当院でも禁煙外来を行っております。禁煙補助薬の開発によって、現在では禁煙がとてもラクになりました。ぜひ、一度ご相談ください。

  • 寒さを避ける

    血圧は冬の寒さで上がることがあります。特に気を付けたいのが冬場のトイレや浴室、脱衣所などです。これらの場所にはできれば暖房してお入りください。また、温かいお部屋から寒い戸外に出るときには十分に厚着をして出かけましょう。

高血圧の治療は?②いつ降圧薬を使うのか

高血圧治療の目標は、将来的におこる脳出血や心筋梗塞などの成人病を予防することです。そのために血圧を目標値に下げる治療を行います。
年齢や基礎疾患によって、目標値は異なり、以下の表のようになります
診察室血圧 家庭血圧
若年、中年、前期高齢者 140/90mmHg以上 135/85 mmHg以上
後期高齢者(75歳以上) 150/90 mmHg以上 145/85 mmHg以上
糖尿病のある方 130/80 mmHg以上 125/75 mmHg以上
慢性腎臓病で尿蛋白陽性の方 130/80 mmHg以上 125/75 mmHg以上
脳血管障害・冠動脈疾患のある方 140/90 mmHg以上 135/85 mmHg以上
降圧薬をすぐに使っていくのか、生活習慣の見直しから始めるかについては、以下の順で判断していきます。
日本心臓財団 「高血圧ガイドライン」より抜粋
危険因子、臓器障害、リスクの判定などは定められたガイドラインに従い、医師が判定します。

高血圧の治療は?③どういう薬があるのか?

降圧薬には大別してカルシウム拮抗薬、ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬、ARB(アンジオテンシンⅡ受容体阻害薬)、利尿薬、交感神経遮断薬などがあり、それぞれの薬にもいくつも種類があります。また、効果が乏しい場合は、一つの種類の薬を増やすのではなく、他の種類の薬を組み合わせることで、副作用の軽減なども図っていきます。そのため、複数の薬を組み合わせた「合剤」を開発されており、薬を飲む数を減らすこともできます。
それぞれの方の持病なのでに合わせて、お薬の組み合わせなども変更していきます。
降下薬を開始したら、数か月かけて目標値までゆっくり下げていきますが、高リスクの方は、数週間で速やかに下げていきます。
血圧は季節での変動もあり、家庭血圧を基に年間を通して調整していきます。

薬を飲んでも血圧がなかなか下がらない場合。

薬を飲んでもなかなか血圧が下がらない場合、他の病気が隠れており、その影響で血圧が高くなっている場合があります。(二次性高血圧)二次性高血圧を疑う場合、採血項目の追加や画像診断なども追加で行っていきます。
また、二次性高血圧を疑うキーワードとしては
・若年発症
・肥満体型(睡眠時無呼吸症候群など)
・3種類の降圧薬を飲んでも血圧が目標まで下がらない
・突然発症(毎年の健診で、いきなり悪くなっている場合など)
・臓器障害(左室肥大、網膜症)
こういったキーワードがある場合には、初診の際から検査の説明を行うことがあります。

健診などで高血圧を指摘された方、ご家族で高血圧の方がおり、ご自身も心配されている方は、ぜひ一度ご相談ください。