在宅患者様必見!知って得するレスパイト入院の活用方法

NO IMAGE

在宅患者様必見!知って得するレスパイト入院の活用方法

レスパイト入院とは

毎日の介護、お疲れ様です。しかし、疲れをため込みすぎてしまうと介護は長く続きません。そのような介護者の方にお勧めなのがレスパイト入院です。レスパイト(respite)とは「休憩」の意味をもつ英語であり、自宅療法を受けている患者さんの家族が、一時的な外出や休憩、その他の介護を続けられない期間をサポートする目的で行われている医療サービスです。 家族の介護負担を軽減する目的で利用される介護事業所のショートステイなどの介護サービスとは異なり、医療設備の整った病院で患者さんの受け入れを行うのがレスパイト入院です。病院ですから、ショートステイなどでは困難な医療ケアが必要な患者さんも受け入れることが可能です!また、医療保険を利用するので、介護保険のような利用制限(区分支給限度額)もありません。

こんなお悩みはないですか?

・介護疲れがあるので、息抜きがしたい
・旅行に行きたいけど、介護があるし…
・ショートステイを利用したいけど、定期的な吸引(医療行為)が必要だから無理かなぁ…

このような方がご利用されています

・脳卒中後遺症や神経難病などで在宅療養をされている方
・気管切開があるなど、医療的ケアが必要な方
・緩和ケアを必要とする癌の患者様
など

◆厳冬期、暑さの厳しい夏季などは、救急患者様のご利用を優先するため、利用できない場合があります。
◆小児(学童期以上)も入院可能ですが、一度ご相談ください。
◆入院中はリハビリテーションも可能です。
◆レスパイト入院の目安は数日から2週間までです。