シニアランキング1位! 姫野温泉

シニアランキング1位! 姫野温泉

シニアランキング1位! 姫野温泉

皆様、九州にある姫野温泉をご存知でしょうか。九州の温泉地として代表的なのは、大分県の別府温泉や湯布院、熊本県の黒川温泉が思い浮かびますが、姫野温泉は「シニアに人気の温泉地ランキング」で、3年連続で1位を獲得しています。今回は、姫野温泉がシニアに人気の理由をご紹介したいと思います。

日本三大美肌の湯

温泉評論家の藤田聡氏と中央温泉研究所が、特に肌によい温泉として認定した「日本三大美肌の湯」の一つとして、嬉野温泉が選ばれています。姫野温泉は、ナトリウムを多く含む重曹泉が角質化した皮膚を滑らかにしてくれることから、美肌になる湯とされています。ちなみに、あとの2つは、島根県の斐乃上温泉・栃木県の喜連川温泉です。

温泉地のバリアフリー化

「佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター」を中心に、嬉野市( https://www.city.ureshino.lg.jp/)、観光協会( https://spa-u.net/)などと連携し、温泉地のバリアフリー化を進めていることでも注目を集めている温泉地です。具体的には、宿泊施設における「ユニバーサルデザイン客室」の整備、温泉街の足湯に車椅子での利用できるスペースの設置、着用が簡単な「ユニバーサルデザインの浴衣」の販売、介護が必要な高齢者のお客さん向けに入浴介助ヘルパー派遣サービスなどを行っています。

佐賀嬉野バリアフリーツアーセンターの取り組み http://uresino.net/about/

100人100通りのバリア種類

佐賀嬉野バリアフリーツアーセンターでは、パーソナルバリアフリー基準に基づき、「100人の障がい者が居れば、バリアの種類も100通りある」という考え方から、個々の状況に応じた情報提供を行っています。例えば、車椅子のまま食事ができるお店・背もたれ可動式のベッドがある宿・食事の時に一人だけ、きざみ食を提供してほしい・温泉入浴する時にヘルパーさんを手配してほしい・外出する時だけ車椅子を貸し出してほしいなど、さまざまなニーズに対応しています。

正しい情報提供

お客様に対して正しい情報提供を行う為には、常日頃からさまざまなバリア調査を行い、段差や通路幅などのハード面だけでなく、店長の考え方や具体的な対応などのソフト面の調査をしています。例えば、「あのお店は入口に8cmの段差があります。前もって予約を入れておけば駐車場から店内までの車椅子移動のサポートをしてくれますし、食事がしやすいテーブル席を確保してくれます。トイレは少し狭いですので、近くのみんなのトイレで先に済ましておかれる事をお薦め致します。」と言った様な具体的な利用方法のアドバイスをしています。

補助器具の貸し出しや人的な介助の仲介手配

お客様のご要望に応じて、車椅子やシャワーキャリーや浴用電動リフトなどの貸し出しを行っています。また、温泉入浴の際に、独力での入浴が困難な方に対し、入浴介助のヘルパーさんの派遣を仲介し、5,000円/1回で温泉入浴のお手伝いをしています。

民間の救急車を手配

救急車に準じた設備のある車両を準備し、お医者さんが同行することによって、重篤な病気や重度の障がいをお持ちで、これまでは旅行を諦めるしかなかった方々にもサポートしています。

まとめ

今回は「温泉地シニアランキング3年連続1位」の嬉野温泉をご紹介させていただきました。人に優しい街づくりでシニア世代の心をつかみ、「“行ける”ところではなく、“行きたい”ところへ」という理想を掲げて、様々な取り組みをしている嬉野温泉。医療機関もこのような取り組みから、学ぶべきことは非常に大きいと感じました。