新型コロナウィルス第二波の到来か?

新型コロナウィルス第二波の到来か?

新型コロナウィルス第二波の到来か?

東京都は7日、都内で新たに10歳未満から60代の男女合わせて106人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。都内で1日の感染の確認が100人以上となるのは、6日連続です。
第2波の警戒感が高まるなか、私たちは自分たちができる予防策を徹底する必要があります。改めて、感染予防の注意点についてお伝えいたします。

日々の生活の中でできる予防法

新型コロナウイルスの感染経路は、飛沫感染と接触感染の二つが考えられています。飛沫感染では感染者の飛沫(くしゃみ、せき、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込むことで感染します。接触感染では、感染者がくしゃみやせきを手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。その後、他者がその物を触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。
予防法は、手洗いや換気など誰でも簡単にできることばかり。基本的なことを忘れずに行うことが大切です。

感染症の予防法

・こまめな手洗いor手指消毒
・こまめな換気
・人が触れる場所の清掃、除菌
・屋外でも密集するような運動は避ける
・他の人との距離を十分とる

免疫力を高める

免疫とは、病気に一度かかったら、二度とそれにはかからない、 あるいは抗体ができるということです。ウイルスなどの異物が 体内に侵入すると免疫システムが働き、体を守ってくれます。免疫力が低くなると、さまざまな病気にかかりやすくなってしまいますので、バランスの良い食事とストレスをため込まないことを心がけ、運動と休息を適度にとることが必要です。

免疫力を高める食事のポイント

近年、免疫力を高めるために腸が重要な働きをしていることが明らかになってきました。腸は食べ物を消化・吸収する場所ですが、食品と同時にウイルスや病原菌などが侵入してくるリスクが高い場所でもあります。そのため腸の壁の内側には免疫細胞が集中しているのです。免疫力を高めるには腸の状態をよくすることが重要となります。
まずは栄養バランスの良い食事 を規則正しくとり、腸を活発化させましょう。さらに、ヨーグルトなどの発酵食品や食物繊維、オリゴ糖を摂取することで、 腸内の善玉菌を増やし、腸内フローラを良好な状態に保ちましょう。

オリゴ糖が多く含まれる食品

・大豆
・タマネギ
ゴボウ

・ネギ
・ニンニク
・アスパラガス
・バナナ

まとめ

 新型コロナウィルスは、高齢者や基礎疾患がある方は重症化しやすいといわれています。自分たちができる予防策を徹底し、発熱や強いだるさ・ 息苦しさが続いたら、最寄りの保健所・保健センターなどにある「帰国者・接触者相 談センター」に電話で相談しましょう。