「はいかい高齢者おかえり支援事業」って知ってますか?

「はいかい高齢者おかえり支援事業」って知ってますか?

「はいかい高齢者おかえり支援事業」って知ってますか?

 はいかい高齢者おかえり支援事業とは

認知症の方の徘徊による事故を防止するために、地域の皆さんの協力を得て、徘徊されている方を早期に発見する取り組みです
徘徊のおそれがある方の情報を登録した上で、その方が行方不明となった場合に、家族等からの依頼により、行方不明となった方の身体的特徴や服装等の情報をおかえり支援サポーターや協力事業者に対してメールで配信し、情報提供をお願いするものです。

送られてくるメール内容(一例)
〇月〇日〇時頃、〇区〇町で80代女性が行方不明となりました。
特徴:身長150cm、中肉。
紺色の上着に黒色のズボン着用。
見つけられた方は、110番通報するか〇〇警察署までご連絡ください。

だれでも登録することができるの?

登録することができるのは、名古屋市内に在住し、徘徊のおそれがある認知症の方(若年性認知症含む)です。なお、市内の介護保険施設や認知症高齢者グループホーム等を利用されている方も登録することができますが、親族や成年後見人等の同意が必要となります。

登録するためには?

受付窓口:登録希望者の居住地を担当する「いきいき支援センター」
受付期間:月~金曜日(祝休日・年末年始を除く) 午前9時~午後5時
登録費用:無料
登録方法:登録希望者の親族・成年後見人等、または利用している施設の職員に、登録届を受付窓口までご持参いただけます。登録届は、いきいき支援センターで配布しているほか、名古屋市公式ウェブサイトからダウンロードすることも可能です。

まとめ

認知症高齢者の徘徊は家族としても心配事かと思います。そういった心配事を少しでも減らせる方法かもしれませんね。この事業のほかに捜索システム事業もありますので、次回にご紹介させていただきます。