新型コロナウイルスと闘う「医療従事者を護るスーツ」

新型コロナウイルスと闘う「医療従事者を護るスーツ」

新型コロナウイルスと闘う「医療従事者を護るスーツ」

コロナ禍において対面での面会は難しく、つらい思いをされているご家族も多いかと思います。当院ではオンライン面会の一助としてクラウドファンディングを実施しております。ご家族のスマホやタブレットと施設のタブレットでつながれると、顔が見れるので安心ですよね。今回ご紹介するのは、対面の面会ができる方法についてご紹介させていただきます。

この状況下で対面で面会できる?

大型膜面構造物(テント構造物)などを扱う「膜や」の太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、この度、新鮮な空気を取り込み従来のスーツにはない快適性を備えた新方式の防護服、『メディコン』(特許出願中)を開発、新型コロナウイルスと闘う「医療従事者を護るスーツ」や、病院・福祉施設の「患者や入居者を見舞う来客者用スーツ」としての採用を目指し、試験導入など、実用化に向けた展開を開始いたしました。

防護服『メディコン』

『メディコン』は、飛沫感染への対策を徹底しつつ、背中に装着したエアファン(抗菌シート内蔵)よりスーツ内に新鮮な空気を常に送り込み、着用時の快適性を確保します。より安全かつスムーズに脱衣出来るよう設計し、医療従事者の負担低減も目指しました。また、今回の高機能なスーツを長期にわたり医療の現場で継続利用できるよう、素材にはPVCコートの膜材を採用、使用後の洗浄・メンテナンス体制も準備し、繰り返し利用に対応する防護服を実現しています。

『メディコン』の応用

医療従事者向けだけでなく、新型コロナウイルスの影響で各種病院や福祉施設への面会が長らく中止されている現状にも思料、患者や入居者の来客者のための「お見舞い用スーツ」にも取り組みました。仕様は医療従事者向けのスーツ機能に加え、頭部の空気排出口にHEPAフィルターを装着、スーツ内のお見舞い客が万が一ウイルス陽性者の場合でも、ウイルスの飛沫核を院内・施設内に漏らさない事で二次感染を防ぎます。
これにより、短時間でもお見舞い客と患者とが繋がり、例えば手術前に直接顔を合わせて「励まし」が出来るなど、両者にとって精神的なプラスになると期待しています。

『メディコン』の概要

■開発製品名: メディコン

■開発の経緯:
新型コロナウイルスの影響で社会が激変する中、人を護る「パーソナルスペース」が安心・安全をお届けできると確信、「社会を支えている医療従事者やそのご家族のお役に立ちたい」との念(おも)いから、新型コロナウイルスに対抗する防護服として、4月より開発がスタートしました。

■製品の特長:
防護服でも涼しく快適 /スーツ内に安全なエアーを送風、蒸し暑さから解放します。
脱着のしやすさを追求 /スムーズなファスナー操作で、使用後の脱衣を容易にします。
全身防御で安全を確保 /全身をカバーすることで、飛沫感染のリスクを回避します。
防護服の再利用を実現 /高機能スーツを継続運用するための仕様と仕組みを導入。

■種類・仕様:
≪メディコン1型≫ ※飛沫感染リスク低減仕様
飛沫感染への対策を徹底しつつ、背中に装着したエアファン(抗菌シート内蔵)よりスーツ内に新鮮な空気を送り込み、着用時でも快適性を確保します。 また、より安全かつスムーズに脱衣出来るよう設計しています。

≪メディコン2型≫ ※空気感染リスク低減仕様(お見舞い用スーツ)
1型の機能に加え、院内・施設内での二次感染を防ぐため、スーツの空気排出口にHEPAフィルターを装着、万が一、お見舞い客がウイルス陽性者の場合でも院内・施設内にウイルスの飛沫核を漏らさない仕様としました。

写真左側が1型、右側が2型です。

まとめ

仰々しい出で立ちなので逆に抵抗感を示すかもしれませんが、顔が見えるということや直接触れ合えるというのはお互いにとって魅力的なことなのかもしれませんね。ただ、まだ開発段階ということで、状況が進むのを待ちつつ、今できることを行っていきましょう。