高齢者のトイレの重要性と環境について

高齢者のトイレの重要性と環境について

高齢者のトイレの重要性と環境について

「排せつ」は生命維持に欠かせない重要な役割を担います。また、快適な生活と自立した生活を過ごすためにも、絶対に欠かすことができない機能です。そのため、トイレは老人ホームを選ぶ際にも必ず確認したい場所です。今回は、トイレの重要性と環境についてご紹介いたします。

トイレの重要性

「排せつ」は、できるなら年齢を重ねたとしても、手助けなしに自立して行いたい行為です。しかし、加齢・病気などで身体機能が低下した方にとって、「排せつ」の悩みや困りごとは多いです。無事に「排せつ」を完了するまでの過程は、決して容易ではありません。

「排せつ」の一般的な流れ

(1)立ち上がって、トイレまで移動する。
(2)ズボンや下着を下ろして、座った状態で「排せつ」します。
(3)終わった後は、お尻を拭いて立ち上がり、水を流します。
(4)ズボンや下着を整え、部屋まで戻ります。

高齢者や身体機能が低下した方々にとって、この動作の数々には「転倒」といった危険が伴います。また、トイレに行く途中で失禁してしまわないか不安になるなど、「精神的な負担」も生じます。失禁は、本人にとって深く自尊心を傷つけられることにもつながります。少しでもそれを回避できるよう、ご家族様も一緒になってサポートをしていきましょう。

トイレ環境のポイント

無事にトイレへ着いても、トイレ自体が「排せつを行いやすい環境」でなければいけません。
そのため、ホームを見学する際にはトイレの位置だけではなく、【トイレ環境】についても確認してみましょう。

※具体的なチェック項目は、下記をご参考にしてください。
【トイレ環境】のチェック例
●「車椅子」が入れるスペースが確保されているか
●トイレットペーパーの設置位置
●手洗いが行いやすい環境か
●緊急コールの設置位置
●手すりが設置されているか
●「保温機能付き」の便座か  など

手入れの状態も確認しよう

トイレを使用する本人が不憫な思いをしないように、現状と今後の生活を考慮して施設の状況を判断することをオススメいたします。

※具体的なチェック項目は、下記をご参考にしてください。
【手入れ状況】のチェック例
●床、便器に汚れがないか
●トイレットペーパーの補充がされているか
●適度に換気がされているか
●殺菌がされているか
●ハンドソープが補充されているか  など
<補足>
強力な脱臭剤の臭いがする場合、嫌な臭いを隠そうとしている可能性もあるため、注意が必要かもしれません。

まとめ

今回は、【トイレの重要性とトイレ環境】について記載いたしました。自宅での生活の不安を解消するためにも、福祉用具や住宅改修を活用しつつ、しっかり整備されたトイレ環境を整えましょう!