「ゆがみ取り」!細胞活性!即ヤセる?

「ゆがみ取り」!細胞活性!即ヤセる?

「ゆがみ取り」!細胞活性!即ヤセる?

日常、人は無意識に使いやすい筋肉にたよりがち。今回は筋肉の柔軟性を上げれば、ゆがみが整い、ヤセ体質になるというテーマでお届けします。近藤先生の雑誌上でのコメントもご紹介させていただきます。(からだにいいこと2021年4月号より)

骨格を整えることで、即サイズダウン

女性は筋肉量が少なく、姿勢や行動のクセで筋力をカバーしがちのため、バランスが崩れ、ゆがみがある人がほとんど。骨の位置を決めているのは筋肉、柔軟性を高めて正しい姿勢をとれば、形状が脳に刷り込まれ、骨格が整うことにより、特にお腹まわりは即サイズダウンします。
また、「老廃物が溜まると老化の原因に。巡りの改善には、体の可動域を広げることが大切です。適度運動で全身に栄養素や酸素がいきわたれば、細胞の老化緩やかに。見た目の若返ります」(近藤医師)

ゆがみチェックポイント

✓片ひじをつく
脊柱まわりにゆがみ発生!バランス改善でくびれ出現

✓背もたれによりかかって座る
衰えがちな「呼吸筋」を動かして、脱・凸腹

✓バッグを肩にかけてもつ
二の腕や肩の筋力が低下。筋肉刺激でたるみ消し

✓下をむいてスマホを使う
猫背加速中!背筋を伸ばして代謝アップ

✓脚を組んで座る
体をねじって腹肉ごとゆがみリセット

✓片脚に体重をかけて立つことが多い
脚の筋肉に負担大!コリをほぐして脂肪も除去

✓座るときに気付くとひざが離れている
足首や足指がカチカチ!ほぐせば下半身がスリムに

✓立ったときにつま先が内側、または外側に向く
ねじれた股関節を正しい位置に戻せば小尻に

まとめ

まずは、自分が日常生活でどんな動作をしているのかを自覚することが大切です。そのうえでストレッチなども上手にとりいれながら、しなやかな体を目指しましょう!詳細は「からだにいいこと」4月号をご覧ください。
https://www.fujisan.co.jp/product/1281680994/new/