コラム

2/17ページ

高齢者の転倒にご注意を!

高齢者の転倒にご注意を! 高齢になると筋力低下などが原因で転倒の可能性が高まることは周知のことかと思います。私たちも「明日は、初回訪問!」と準備を進めていたところに、「家の中で転倒してしまい入院することになりました。」なんてご報告が入ったことも少なくありません。高齢者の転倒は、その人らしい生活を奪ってしまう事態にまで発展しかねない非常に危険なものです。そこで今回は、高齢者の転倒についてお話をさせて […]

介護保険でたりないところをカバーできる!?

介護保険でたりないところをカバーできる!? 重度訪問介護について 一人暮らし、または同居する家族の力だけでは介護を担いきれないとお悩みをいただくことは少なくありません。特に65歳未満だと介護保険適用サービスも使えないので悩ましいと思います。今回は全ての人が対象ではないですが、介護保険適用サービスとの併用も可能な重度訪問介護についてお話させていただきます。 重度訪問介護ってなに? 重度訪問介護とは、 […]

縟瘡ケアのカギ「チームワーク」

縟瘡ケアのカギ「チームワーク」 高齢者の在宅生活を支えていくうえで、縟瘡ケアは大きな問題のひとつです。関係者の皆様は、縟瘡ケアに関して様々な工夫をされているかと思います。「そもそも縟瘡なんて作らせません!」なんて心強いご意見を下さる方もみえられるかもしれません。縟瘡を作らせないための工夫ももちろん大切ですが、実際にできてしまった後のケアもやはり大切!!という事で、今回は縟瘡ケア開始までの流れのお話 […]

今年の花粉状況は?名古屋市花粉飛散状況

  今年の花粉状況は?名古屋市花粉飛散状況 春が来るたび、いよいよ今年もかと憂鬱になる花粉症。梅や桜が咲き誇る美しい季節を台無しにしてしまう、憎っくき敵ですね。日本には植林によるスギ林が多く、花粉症患者の70%がスギ花粉を原因としているといわれています。この花粉は鼻や目の粘膜に付着して、鼻水やくしゃみ、鼻づまり、目や皮膚のかゆみなど、つらいアレルギー症状を引き起こします。 今春の名古屋市 […]

常備しておくと安心 在宅でよく使われるお薬

常備しておくと安心 在宅でよく使われるお薬 在宅でよく使われる代表的なお薬を紹介します。類似成分の薬やジェネリックもあります。主治医と相談のうえ、場合によっては準備しておくと安心です。(「家族のための在宅医療実践ガイドブック」 医療法人社団悠翔会 幻冬舎) 在宅にあると便利な外用薬 軟膏 アズノール軟膏 副作用の少ない安全な軟膏です。ただれや荒れ、浅い傷などの皮膚のダメージによく効きます。 ゲンタ […]

知っていますか?ヘルプマーク

知っていますか?ヘルプマーク ヘルプマークとは? 義足や人工関節を使用している患者、内部障害や難病の患者、精神障害、知的障害または妊娠初期の人等、援助や配慮を必要としていることが外見では分からない人々が、周りに配慮を必要なことを知らせることで、援助を得やすくなるよう作成されたピクトグラムです。 現在、東京都を含む全国41都道府県(全1都1道2府37県)で導入されるまでに発展してきました(令和1年1 […]

新型コロナウイルスの介護業界への影響

Pickup コラム
  • 2020.03.10

新型コロナウイルスの介護業界への影響 マスク1箱10万円 トイレットペーパー品切れ 各種イベント中止 入国禁止 小・中学校「休校」 WHO「危険性最高」 NYダウ急落 東京五輪の開催危機 新型コロナウィルスの感染が拡大をみせ、政治、経済、社会に大きな影響を与えています。私たちが関わる高齢者は、感染が命の問題にまで発展するリスクが非常に高いため、介護業界に於いても政府は感染拡大防止のために様々な対策 […]

コロナウイルスのリスク、回避方法について

Pickup コラム
  • 2020.03.06

コロナウイルスのリスク、回避方法について コロナウイルスとそのリスク 毎日のニュースで目にしない日はないコロナウイルスです。 一刻も早く感染者の方が完治され、騒ぎが収まるのが何よりです。 そのために一人一人ができる事を行うのが重要です。 やはり重要なのは手洗いとマスクですね。 これが1番なので皆さん徹底してください。 東京都感染情報センターで動画つきで手洗い方法を解説しています。 http://i […]

全国初 新型肺炎 名古屋市条例制定へ 「疑い」個人に自粛要請

全国初 新型肺炎 名古屋市条例制定へ 「疑い」個人に自粛要請 2月3日に名古屋市が新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための条例を制定することが関係者への取材で明らかになりました。 複数の関係者によると、同市内では感染が確認された人との濃厚接触が疑われ、市の健康観察の対象になっていた人が、外出を控えるよう保健所が要請したにもかかわらず、公共交通機関を使って通勤。 市はこれを重大視し、市民や企業に […]

在宅医療における精神疾患への介入~不合理の合理性~

在宅医療における精神疾患への介入~不合理の合理性~ 在宅医療の現場に於いて、精神疾患を抱える患者様とそれに付随する課題は非常に多様化してきています。当院も2月に精神科の在宅医を新たに一名増員し、関係者様から提起された地域の課題を、ひとつひとつ解決していけるよう全力で取り組んでおります。私たちはこれから在宅の現場でどのように精神疾患と向き合っていくべきなのか。今回は、在宅医療における精神疾患とサービ […]

1 2 17