かんわけあ・しゅうまつきのたいおう

緩和ケア・終末期の対応

サイト案内オペレーターサイト案内オペレーター

緩和ケア・終末期の対応

人が人らしく、最後までご自宅で暮らせるように、ちくさ病院は患者様に寄り添います。
終末期に抱える病気としては、末期癌、認知症や心不全などがありますが、その症状は様々です。治らない病気を無理に治療して治そうとすると、かえって患者様が苦痛を感じるケースが多いため、そのような場合、私達は「治す治療」より「病気による苦しみを取り去る」治療を優先します。

サービスのご利用例

緩和ケア・終末期の対応
  • 癌で、手術や化学療法などの積極的治療をしない方針の方。
  • 神経難病や認知症などで食事が食べられなくなった方。
  • 心不全や癌で息苦しさや痛みのある方。

ご利用の流れ

1. 病院での診断

お気軽にお電話ください。担当者がご相談の対応をさせていただきます。
ご希望でしたらご自宅に訪問して患者様、ご家族様のご希望をお聴きします。

2. ご提案

症状に合わせて訪問診療や訪問看護など、痛みや苦しみを取り去るための診療計画をご提案させていただきます。

3. 緩和ケアの開始

訪問診療もしくは訪問看護にて緩和ケアを開始します。
・在宅酸素療法
・脱水症状を和らげるための点滴
・麻薬も含む、痛み止めの処方
・気持ちを明るく保ったり、よく眠れるようになるためのお薬の処方
・患者さまとご家族の心のケア
などをおこないます。

診療日:月〜土曜日
(日・祝日、夜間、年末年始などはちくさ病院の医師が輪番にて対応しております)
診療時間:9:00〜18:00

ネットからのお問合せは
24時間受付ております。

よくあるご質問

Q.緩和ケア中にリハビリは受けられますか

A.患者さまがなるべく希望に沿った生活を続けるために、リハビリテーションを行うことが出来ます。その外にも身体機能の回復、維持を専門的に援助することが出来ます。

Q.緊急時対応はしてくれますか?

A.24時間365日の体制で対応・サポート致します。

訪問エリアについて

名古屋市内を中心とした地域に伺います。
マップは参考程度の目安ですが、詳細はご相談ください。

対応可能な在宅医療