症状も、感情も話せる相談相手。

資格や免許がなくても、医療の現場を変えられる! 2021年入職 相談員 H.W 新卒で臨床検査会社に入社。医療機関にてドクターや看護師へ営業活動を行う日々を送り、在宅医療に興味を持ちちくさ病院に転職。
仕事のやりがい

一般の目から、在宅医療を見つめる。

在宅医療という分野に可能性を感じ、医療業界内で転職を考えていたタイミングで、たまたま専門職以外の相談員採用をちくさ病院が行っていることを知りました。在宅医療は、医療分野の専門家内では理解されているものの一般レベルではまだまだ理解が進んでおらず、この事実こそがこれからの課題だと感じました。在宅医療に特化するちくさ病院の相談員という立場なら、この課題に最前線で取り組めると考え、転職を決意。現在は、患者様のお宅や施設を訪問し、訪問診療や在宅医療についてのご説明を直接させていただき、在宅医療の裾野を広げるため活動しています。名古屋市内で在宅医療といえば、ちくさ病院という世界観を作ることが、私の目標です。

叶えたい未来

ドクターや看護師と対等に会話できる。

医療に関わりたいと思い、飛び込んだ業界でしたが、前職の頃はドクターや看護師の要望に答えるだけで精一杯でした。相談員になってからは、患者さんから直接症状やお悩みを伺い、どういう訪問看護プランを立てればいいかをドクターや看護師さんと対等に議論できるようになりました。相談員というポジションがある病院は多くありません。自分自身の存在価値を患者様に感じていただき、相談員の存在を世の中に広めること。それこそが、訪問看護の理解を広める近道だと考え、患者様と会話する際は、症状に表れない『感情』にお応えすることを強く意識しています。専門知識を持たない私だから、先入観なくフラットに物をとらえ気づくこともあります。専門職ではない強みを活かして、これからもちくさ病院を支え続けます。