2019年6月

1/2ページ

この時期の体調不良に要注意!~梅雨対策~

この時期の体調不良に要注意!~梅雨対策~ 「アジサイ」がとてもきれいな時期になりましたね。千種区の茶屋ヶ坂公園はちょうど見頃ではないでしょうか。ちなみにですが、アジサイは「千種区の花」に制定されています。 アジサイは美しく咲かせている一方で、この時期、カラダがだるい、頭が重い、めまいがする……など、みなさまは体調不良に悩まされていませんか。 気象庁によると、東海地方は、6/7に梅雨入りし、7/21 […]

覚えておきたい「DNR」 ~人口蘇生をしないという選択肢~

覚えておきたい「DNR」~人口蘇生をしないという選択肢~ DNRとは 「do not resuscitate」の略で、主治医や患者の親族また患者自身による人工蘇生をしない、させない、また望まないという意思表示のこと。(大辞林 第三版) 6/25の朝日新聞によれば、心肺停止になった際に、家族らが救急隊に蘇生処置を断るケースが相次いでいるといいます。一方で総務省消防庁の基準では、生命に危険があれば応急 […]

令和の夏はしっかり飲もう!飲ませましょう!!

令和の夏はしっかり飲もう!飲ませましょう!! 夏になるとよく耳にするようになった「熱中症対策」。最近では、熱中症対策グッズもバリエーションが豊富になり、皆様も何か一つは熱中症対策を実践されているのではないでしょうか。その中でも、今回は基本中の基本とも呼べる、「水分補給」に焦点を当ててみようと思います。 高齢者は熱中症にかかりやすい 総務省消防庁が発表した速報値によると、2018年4月30日から8月 […]

データをもとに考える 高齢者は運転免許証を返納すべきか

データをもとに考える 高齢者は運転免許証を返納すべきか  今年の4月、東京都豊島区で高齢者(87歳)の運転する乗用車が約150メートルにわたって暴走し、歩行者らを次々とはね自転車の母娘2人が死亡、車の運転手を含む40~90代の男女10人が重軽傷を負った事故後、東京都では運転免許証の返納が急増しました。 警視庁によると、池袋の事故があった週に都内で免許を返納したのは千人弱、翌週は約2割増加し、大型連 […]

備えあれば憂いなし 停電対策 ~在宅医療編~

備えあれば憂いなし 停電対策 ~在宅医療編~ 6月18日22時22分頃、山形県沖を震源とするM6.8(暫定値)の地震が発生し、新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱を観測しました。 東北電力によると、山形県では鶴岡市、酒田市などで計5000戸が、新潟県では新潟市西区、村上市で計約3200戸が停電しています。 電気で動く医療機器を使っている在宅療養中の方は、日頃どのような備えが必要なのでしょ […]

ちくさ病院 相談員のご紹介!【大塚 佳高】

ちくさ病院 相談員のご紹介 ◆名前 大塚 佳高(おおつか よしたか) ◆担当エリア 中区、中村区、瑞穂区、熱田区、中川区、港区、南区、緑区 ◆相談員になろうと思ったきっかけは? 母を神経膠芽腫で亡くした経験から、「QOLの向上」、「その人らしい生活を最期まで」という想いを強く持つようになり、その為のお手伝いが出来ればと思ったからです。 ◆この仕事のやりがいや難しいと感じる点はどんなところ? 関係者 […]

メルマガ読者様からのご意見のご紹介!

メルマガ読者様からのご意見のご紹介! ちくさ病院の杉山です。いつもメルマガを読んでくださり、誠にありがとうございます。 多く方からご感想やご意見を頂戴して、私も大変勉強させていただいております。 また、リンクからHPも閲覧いただき、ありがとうございます。現在、HPは全面リニューアル向けて、着手しています。より見やすく、内容を充実させ、皆様の問題解決の一助になれるようなサイトを目指していきます!9月 […]

一日1万歩は本当に健康に良いのか?

一日1万歩は本当に健康に良いのか? いつもメルマガをご覧いただきまして、ありがとうございます。ちくさ病院の杉山です。 今回はテーマは「ウォーキング」です。 先日、当院の相談員の佐藤さんと大塚さんに、「1日多いときでどれくらい歩きましたか?」と質問しました。アイフォンの「ヘルスケア」アプリでチェックしてみると、一番歩いた日で、「28354歩」と表示されました。約3万歩です。これは、江戸時代の庶民に匹 […]

空き家を活用することは、死に場所難民の救世主となりえるか?~神戸市須磨区の事例から考える~

空き家を活用することは、死に場所難民の救世主となりえるか?~神戸市須磨区の事例から考える~ 神戸市須磨区で余命が短い患者らに最期の場所を提供する施設「看取(みと)りの家」の事業者が、須磨ニュータウンの一角で空き家を購入し、株式会社を設立しました。 余命宣告を受けた患者5人ほどとその家族を受け入れ、利用者が望むサービスを介護・医療保険を利用せずに提供する計画でした。 しかしながら、自治会関係者へ事業 […]

ACPの推進は医療費削減が目的なのか?

ACPの推進は医療費削減が目的なのか? 6/6仙台市で開かれた第61回日本老年医学会学術集会(仙台)のシンポジウムで、「ACP推進に関する提言」が公表され、以下のような質問がフロアの医師から投げられました。 「今、国や学会がACPを推奨し始めたのは、ACPを診療報酬に加算し、高齢者医療費の削減を図っていく流れを国や学会が進めていくということなのか」。 この質問に対し、三浦久幸氏(国立長寿医療研究セ […]