南区・中川区・中区の介護フェアに参加しました!

南区・中川区・中区の介護フェアに参加しました!

南区・中川区・中区の介護フェアに参加しました!

~11月は介護医療のイベントが盛沢山~

昨日、11月11日は介護の日でしたね。「介護について理解と認識を深め、介護従事者、介護サービス利用者及び介護家族を支援するとともに、利用者、家族、介護従事者、それらをとりまく地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、高齢者や障碍者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施する為の日」として厚生労働省が介護の日として定めました。
11/9、11/10の2日間は各地で介護のイベントが行われ、とある事業所様では地域の方々をおもてなしするイベントも行われました。運営をご担当された皆様、本当にお疲れ様でした。

各地のイベントでは、介護系、医療系の方々がブースを運営し、腸年齢、肺年齢のチェックを行ったり、補聴器や車いすの紹介、占い、チューリップの球根を配ったりなど、アイディアとバリエーションに富んだものが多く、地域の高齢者の方々の笑顔だけではなく、運営をされていた皆様の楽しそうなお姿が非常に印象的でした。
とあるイベントに参加をしていた医療従事者の方は「地域の高齢者の方々が非常にパワフルで、こちらが元気を貰えています。」とお話をされており、仰られるように、地域の高齢者の方々が積極的にイベントに参加し、体操などをされているお姿からは活力がみなぎっていました。
こういった方々に、できるだけ元気でいてもらう為に、最期まで笑顔で過ごしてもらう為に、私達には何ができるのか。そんなことを改めて考えさせられました。

このようなイベントを通じて、介護業界、医療業界が今以上に盛り上がり、地域のみなさまとの一体感を強めていきたいですね。
イベントに参加した当院相談員の大塚さんは、このイベントの熱量に感化され、「ちくさ病院でも、地域の方々と一緒に何かイベントやりたいです!」と意欲的な声も挙がっています。
今後、我々としても、地域のみなさまや関係者の方に喜んでいただけるイベントを企画していきます!
ここで、宣言しちゃいます(笑)。
お力を貸して頂ける事業所様がいらっしゃいましたら、是非ご連絡下さい!